本文へスキップ

株式会社ガイアバイオメディシン

TEL. 092-642-4708

〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1 九州大学病院地区 コラボステーションⅡ403号

TOPICS & NEWSTOPICS&NEWS

2018年2月13日
当社は 株式会社ヘリオス(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:鍵本忠尚 氏)
を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。
本件を通じて戦略的なパートナーシップを進めながら、再生医療等製品の開発・実用化
を促進して参ります。

<株式会社ガイアバイオメディシンへの戦略的投資の実施に関するお知らせ >
2018年2月1日
3月27日より米国San Diegoで開催されます INNATE KILLER Summit 2018
唯一の日本人スピーカーとして、当社代表の倉森が参加いたします。
当社が開発を進めているNK細胞製剤 AdoptCell®/アダプセル®(開発コード:GAIA-102)
についてプレゼンテーションいたします。

March 28th, 2018, at 3:10 p.m.

Title
GAIA-102: A Novel Natural Killer Cell Phenotype That Can Eliminate the Solid Tumors

Synopsis
-GAIA-102 is a novel phenotype of expanded NK cells
-GAIA-102 shows high killing activity against various malignant cells, including Raji cells that are resistant to various NK cells
-GAIA-102 can eliminate 3D spheroid of malignancies in vitro and human established tumors in mouse in vivo
2017年10月12日
BioJapan2017(10月11~13日・パシフィコ横浜)と同時開催されていた、厚生労働省主催
のジャパン・ヘルスケアベンチャー・サミット2017にて、当社代表の倉森が
若手ベンチャー・セッションに参加させていただきました。
2017年4月5日
日経バイオテク ONLINEにて、当社が取り上げられました。
当社の開発方針や取締役への取材記事などが掲載されております。

ガイアバイオメディシン、NK細胞療法を急性骨髄性白血病に開発へ
 ~再生医療製品として他家NK細胞療法の実用化目指す~
<日経バイオテク(続きを読むには会員登録が必要です) >
2017年3月27日
当社は iPSアカデミアジャパン株式会社(本社:京都市左京区)との間で、iPS細胞技術
に関するライセンス契約を 2017年3月1日付けで締結いたしました。

同社が 九州大学の研究室ないし同大学発企業とのライセンス契約を締結するのは初めての
事例になります。当社にとっても、パイプラインの1つであるハイブリッド型人工肝臓の開発
への寄与が期待されます。
がん化リスクがゼロとなるiPS細胞の体外使用という革新的なiPS細胞の使用方法を目指して
当該ライセンス技術を用い、高いアンモニア代謝能を有した iPS細胞由来の高機能肝細胞
(関連特許出願済み) の研究開発を促進して参ります。
2017年1月1日
日経産業新聞の再生医療に関する特集の中で、当社に関する記事が掲載されました。
免疫関連のベンチャー企業に触れられている中で、九州大学発の再生医療ベンチャーとして
大学発の技術が、がんなどの治療に革新をもたらすかもしれない、と紹介されました。
2016年12月6日
日経バイオテク ONLINEにて、当社が取り上げられました。
当社の創業者への取材記事などが掲載されております。

九州大 米満氏、NK細胞 用いた癌の細胞医薬開発でベンチャー立ち上げ
 ~ガイアバイオメディシンが本格始動~
<日経バイオテク(続きを読むには会員登録が必要です) >

バナースペース

株式会社ガイアバイオメディシン

<共同研究オフィス>
 〒812-8582
 福岡県福岡市東区馬出3-1-1
 九州大学病院地区
 コラボステーションⅡ403号

 TEL 092-642-4708